ロゴ

有料老人ホームとは何か

介護が必要な人が入居する老人ホームには特別養護老人ホームと、有料老人ホームがあります。有料老人ホームの運営母体もさまざまであり、利用料金も高くなりますが、充実した設備での生活が送れる、手厚い介護サービスが受けられます。

有料老人ホームを利用するメリットBEST3

老人ホーム
no.1

選択肢が多いこと

有料老人ホームの数は増えており、身体の状態や価値観に応じて要介護者や家族が望む介護サービスが受けられることです。民間業者によって運営されていますので、設備やサービスも充実しています。

no.2

入居しやすいこと

特別養護老人ホームは低料金で利用できることがメリットですが、需要が増えており、待機者が多いのがデメリットです。その点、有料老人ホームは数も多いので、比較的すぐに入れるところもみつけやすいでしょう。

no.3

スタッフが常駐している

ホーム内に介護職員や看護職員が常駐しているところがほとんどですので、何かあったときも安心です。介護を必要としない人も入居でき、必要な時だけ介護サービスを受けることも可能です。

有料老人ホームにはいくつか種類がある

有料老人ホームには、24時間介護が受けられる介護付き有料老人ホーム、元気な人から要介護者まで入居できる住宅型有料老人ホーム、元気なうちに入居できる自立、混合型有料老人ホームがあります。

気になる疑問は解消!有料老人ホームに関するギモン

男女

日々の健康管理は?

定期的にバイタル測定、生活の様子を看護職員や介護職員がチェックしていますし、入居者やその家族の要望や主治医の指示があればそれをスタッフで共有して適宜確認するようにしています。

家族や友人が訪ねて来たら宿泊できるの?

ホームによって、宿泊の可否やベッドなどの貸し出しに関する費用なども異なりますので、まずは利用予定のホームに問い合わせてみることをおすすめします。また、宿泊できる場合も付き添いを目的とした短期間利用に限ります。

嗜好品は持ち込んでもいいの?

お菓子やタバコ、アルコールなどの嗜好品は入居者が制限を受けていない限り持ち込んでいただいても構いません。しかし、入居者同士で受け渡しすることは禁止されています。

ホームの入居者となじめる?

毎日の食事やレクリエーションを通じて、できる限り早く他の入居者となじんでもらえるように、配慮しています。不安がありましたらスタッフに声をかけて相談してください。

介護はとても大変なこと!だからこそ有料老人ホーム入居を考える

散歩

介護が必要なら施設へ入居を考えたほうが良い

介護が必要になってきたら、介護施設への入居を検討してみましょう。有料老人ホームなら、元気なうちに入居できるところも多数ありますので、自分が元気なうちに自分に合った老人ホームを探すこともできるのです。中には、賃貸アパートのように普通の生活が送れて、必要な時だけ介護スタッフの力を借りることもできるホームもあります。また、元気なうちに入居して、介護が必要になったら介護ケアが受けられる棟に移るタイプの介護施設もありますので、自分で介護施設について調べてみましょう。

介護では助けを借りることが大事

高齢になってくると、体の機能が衰えてくるようになり、自分1人で生活することが難しくなってきます。頑張って自力で何とかしようとしても限界がありますので、介護サービスを賢く利用しましょう。

広告募集中