ロゴ
HOME>Topics>自分や家族に合った有料老人ホームへ入居しよう

自分や家族に合った有料老人ホームへ入居しよう

食事

介護が必要かどうかで入居する老人ホームを決める

老人ホームには主に特別養護老人ホームと、有料老人ホームがありますが、介護の必要度合いに応じて老人ホームを選ぶなら、有料老人ホームを選ぶのがおすすめです。有料老人ホームには主に3つの種類があり、自分の健康状態や介護の必要状況に応じて適したサービスが受けられる施設がみつけやすいからです。適切な介護サービスを受けることにより、施設に入居しても快適に生活できるようになるでしょう。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

24時間介護スタッフが常駐

介護付き有料老人ホームでは、24時間介護、看護スタッフが常駐していますので、手厚い介護サービスが受けられるのが特徴です。設備やレクリエーションも充実しています。

幅広い人が入居している

住宅型有料老人ホームは、介護を必要としない元気な高齢者から、要介護者まで幅広く入居しており、必要に応じた介護サービスが受けられることが特徴です。

有料老人ホーム入居前には見学や体験へいくといい

有料老人ホームの入居時や、毎月利用額は結構な金額必要ですので、施設選びで失敗しないためにも、見学や体験入居などで事前によく入居するホームを吟味する必要があるでしょう。

体験入居をすることでわかること

車椅子

施設内の雰囲気

ホームページやパンフレットからでもある程度の雰囲気がわかりますが、既に入居されている人の表情や、入居者の様子、スタッフや設備などから施設内の雰囲気を実際に感じ取ることができるでしょう。

設備の充実度

歩行困難な入居者や認知症を患っている人など、さまざまなタイプの利用者が安全、快適に生活できる設備が整っているかどうか、衛生管理の状態も現場をみるとよくわかります。

食事の内容

食事の量や味付けだけでなく、メニューが選択できるのか、イベント食の有無などについてもチェックしてみましょう。また、実際の食事風景を見学してみると、入居者が食事を楽しみにしているかどうかもわかります。

広告募集中